平戸神楽の詳細情報

スポンサーリンク

平戸神楽(長崎県平戸市)

 

700年の伝統を誇る荘厳な神々の舞

 

平戸神楽の開催概要

開催日

10月24日〜27日 ※毎年同日

主会場

長崎県平戸市

 

平戸神楽のイベントデータ

開催場所

亀岡神社

例年の人出

不明

最寄り駅

松浦鉄道「たびら平戸口駅」

最寄IC

長崎道「武雄北方IC」

駐車場

あり

有料観覧席

なし

問合せ先

950-22-2228/亀岡神社社務所

公式HP他

亀岡神社
 

【免責事項】
祭りや伝統行事の開催情報等は中止や変更になる場合がございます。当サイトの管理人は責任を負えませんので、お出かけの前には祭りや伝統行事の主催者や公式サイトなどで必ずご確認ください。

 

平戸神楽とは

平戸神楽の歴史・由来

平戸神楽は、元亀年間(1570〜1573)に松浦氏の領地となった壱岐の神職が、平戸の松浦氏の居城をおとずれ、壱岐の御竈祭の神楽を舞い、その後に平戸の神職も加わって神楽が行われるようになったとされている。

松浦家29代鎮信(天祥)の時代に、家臣の神職で国学者であった橘三喜が、古来の神楽を基礎としつつ、正保年間(1644〜1648)に全国各地の一の宮を巡拝して調査研究を重ね、24番におよぶ平戸神楽を完成させた。
昭和62年、同じ旧藩領内の壱岐神楽とともに、国の重要無形民俗文化財に指定を受けている。

 

平戸神楽の概要・見所

平戸神楽は日向神楽とならんで九州神楽を代表するものといわれ、壱岐を除く旧平戸藩領内の各神社の祭礼で舞われている。

神社の祭式にあわせて小神楽(8番)、中神楽(12番)、大神楽(18番)、大大神楽(24番)の4種に別けられ、代々神職によって伝承されている。
もっとも番数の多い大大神楽は岩戸神楽とも呼ばれ、亀岡神社の秋季例大祭(毎年10月26日)でのみ奉納され、すべてが終了するまでに7〜8時間を要する。
平戸神楽を代表する「二剣」は、真剣3本を使うことから別名「三本舞」とも呼ばれ、舞手の技術力・体力・集中力が求められるもっとも難しい演目であり、「二剣」の出来で神楽全体の完成度が決まるともいわれている。

 

平戸神楽の動画

■17/25「平戸神楽」第十七番「猿田彦(後半)」 "Hirado Kagura"

 

■平戸亀岡神社 H25/10/26 平戸大々神楽 第十三番 二剣(にけん)

 

平戸神楽へのアクセス

 

平戸神楽主会場へのアクセス

電車・鉄道
・松浦鉄道「たびら平戸口駅」から車で約20分

 


・長崎道「武雄北方IC」から約1時間30分

 

平戸神楽周辺のおすすめのホテル・旅館

楽天トラベルの人気ホテル・旅館
平戸海上ホテル

★ふっこう割対象宿★目の前に平戸瀬戸が広がる、全室オーシャンビュー!珍しい水族館風呂や海眺露天風呂が人気。貸切風呂あり♪

平戸温泉 国際観光ホテル 旗松亭

平戸港の高台に位置し交通・観光に便利です。自慢は露天風呂。平戸城・平戸港を望みながらゆっくり浸れます。

井元旅館(いのもとりょかん)

平戸港の目の前に位置する家庭的な宿。平戸市内中心部にありビジネス滞在や観光拠点に便利。

 

★楽天トラベルの平戸神楽周辺の宿泊先一覧のページはこちら

 

平戸神楽周辺の観光情報

・平戸城
・平戸温泉
・千里が浜

 

平戸神楽周辺のご当地名物・おみやげ

・平戸城もなか
・牛蒡餅
・花かすていら
・カスドース
・あご

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   


関連ページ

精霊流し(長崎県長崎市)
精霊流しの日程などの詳細情報を紹介しています。
孔子祭(長崎県長崎市)
孔子祭の日程などの詳細情報を紹介しています。
長崎くんち(長崎県長崎市)
長崎くんちの日程などの詳細情報を紹介しています。
ながさきみなとまつり(長崎県長崎市)
ながさきみなとまつりの日程などの詳細情報を紹介しています。
平戸くんち(長崎県平戸市)
平戸くんちの日程などの詳細情報を紹介しています。