諸手船神事の詳細情報

スポンサーリンク

諸手船神事(島根県松江市)

神話に由来する勇壮な海の祭り

 

諸手船神事の開催概要

開催日時

12月3日

※毎年同日

主会場

島根県松江市

 

諸手船神事のイベントデータ

開催場所

美保神社、美保関港

例年の人出

約500人

最寄り駅

JR「境港駅」

最寄IC

米子道「米子IC」

駐車場

あり

有料観覧席

なし

問合せ先

0852-73-0506/美保神社社務所

公式HP他

美保神社
 

※掲載の情報は予告なく変更になる場合がありますので、おでかけ前にご確認ください。

 

諸手船神事とは

諸手船神事の歴史・由来

美保神社の「青柴垣神事」とともに2大神事と言われ、『古事記』などが記す事代主命の国譲り神話に関係した神事。

大国主命が国譲りの意向を確認するため、美保関で釣りをしていた事代主命(ゑびすさま)を諸手船で迎えに行ったという故事にちなみ、毎年12月3日に行われている。
古くは八百穂(やおほ)の祭りとして、陰暦11月中の午(うま)の日に行われていた。
諸手船は、モミの大木を切り抜いた神事用の船で、国の有形民俗文化財にもなっている。

 

諸手船神事の概要・見所

御籤で選ばれた白装束姿の氏子9人ずつが、2隻の諸手船に乗り込み、太鼓の音に合わせて「ヤーヤー」と威勢のいい声を上げ海へと漕ぎ出す。

諸手船の長さは6.6m、最も幅の広い部分で1.12m、その深さは51cmにもなる。
神社前の港と対岸にある客人社とを3往復するが、激しく水を掛けあいながら、漕ぎ競う姿は圧巻。
厳寒の美保関湾を舞台に行われる、古式ゆかしい神事。

 

諸手船神事の動画

■大漁・豊穣願い海水掛け合う「諸手船神事」 松江・美保関港

 

■国譲り神話の「諸手船神事」

 

諸手船神事の日程・時間

12月3日
00:00 トーメー
12:00 客人社祭、客人社祭直會
13:30 諸手船神事本祭
  宮司以下昇殿、開扉、奉幣、上ノ神楽、神鬮、宮灘下向、諸手船に分乗、三度乗り戻す、應答祝言、三度乗り戻す、帰殿、閉扉、御供頒賜、お慶びを申す、退下、真魚箸式

 

諸手船神事への参加情報

・神事の一つ「神賑わい・ホーライッチャ」の参加者募集/先着20名様、無料。
事前申し込み必要(0852-73-0325/美保神社神事奉賛会)

 

諸手船神事へのアクセス・駐車場

 

諸手船神事主会場へのアクセス

電車・鉄道
・JR「境港駅」から車で15分

 


・米子道「米子IC」から約40分

 

駐車場情報

・あり。無料/40台

 

交通規制情報

・なし

 

諸手船神事周辺の観光情報

・北前船資料館
・美保の北浦
・メテオプラザ

 

諸手船神事周辺のおすすめのホテル・旅館

楽天トラベルの人気ホテル・旅館
ホテルアルファーワン松江

 

全室インターネット接続無料・温水洗浄便座・ズボンプレッサー・静音型冷蔵庫完備

グリーンリッチホテル 松江駅前

 

★JR松江駅から徒歩2分★男女別・人工温泉大浴場あり★得旅キャンペーン毎月継続!参画中★

松江しんじ湖温泉 ニューアーバンホテル本館・別館

 

宍道湖を眼下にメニュー豊富な朝食バイキングが大好評◆天然温泉大浴場完備で観光スポットに近い好立地

 

★楽天トラベルの諸手船神事周辺の宿泊先一覧のページはこちら

 

諸手船神事周辺のご当地名物・おみやげ

・鯛絵馬
・焼きイカ
・北國醤油
・醤油アイス
・神話乃酒

 

このエントリーをはてなブックマークに追加