浜降祭の詳細情報

スポンサーリンク

浜降祭(神奈川県茅ヶ崎市)

 

茅ヶ崎に夏の訪れを告げる暁の祭典

 

浜降祭の開催概要

開催日時

毎年海の日に開催

主会場

茅ヶ崎西浜海岸

 

浜降祭のイベントデータ

開催場所

茅ヶ崎西浜海岸

例年の人出

7万6千人(平成27年度)

最寄り駅

JR茅ヶ崎駅

最寄IC

玉川IC・東京ICから約80分(開催場所付近は交通規制あり)

駐車場

近隣なし

有料観覧席

なし

問合せ先

一般社団法人茅ヶ崎観光協会  TEL 0467-84-0377

      茅ヶ崎海岸浜降祭実行委員会(寒川神社総務課内) TEL 0467-75-0004

公式HP他

ちがさきナビ
 

※掲載の情報は予告なく変更になる場合がありますので、おでかけ前にご確認ください。

 

浜降祭とは

浜降祭の歴史・由来

天保9年(1838年)、寒川神社の神輿が氏子同士の争いで川に落ち行方不明になりました。

後日、神輿は南湖の網元に発見され寒川神社に届けられ、これをきっかけに寒川神社の神輿がお礼として南湖の浜に赴き「禊」をするようになったと言われています。
またお礼参りよりももっと古い時代から神事として御輿の浜辺への渡御が行われていたという説もあります。
浜降祭の由来は諸説ありますが水の霊力により神々を奉迎する神事であり、茅ヶ崎・寒川の土地に深く根付いている祭です。
昭和53年には神奈川県無形民俗文化財に指定されています。

 

浜降祭の概要・見所

浜降祭は別名暁の祭典と呼ばれ、まだ日の出もない早朝に始まり10時前には終わってしまいますが、勇壮華麗な神輿を一目見ようと毎年多くの観衆が訪れます。

寒川神社をはじめとした寒川・茅ヶ崎に鎮座する33社、38基の神輿が出輿し、海に入り禊をする光景は圧巻です。
相州神輿独特のどっこい、どっこいという掛け声や、神輿の担ぎ方が神社によっても違うので見比べてみても面白いでしょう。
茅ヶ崎甚句という神輿を担ぐ時に歌われるが聞けることもあります。

 

浜降祭の動画

■茅ヶ崎浜降祭−2015

 

■茅ヶ崎浜降祭2015・南湖中町八雲神社神輿が海に沈むハプニングから感動の生還。 そして拍手喝采が沸き起こる!

 

浜降祭の日程・時間

午前4時頃 一番神輿が祭典会場に入場(7時までにすべての神輿が順次入場)
午前7時? 浜降祭合同祭開式
午前8時 神輿発輿(帰路へ出発)
午前9時 終了
(※神輿が海に入るのは入場時と祭事終了後の帰路へつく前)

 

浜降祭への参加情報

神輿の担ぎ手はそれぞれの神社で募集されているようなので問い合わせてみて下さい。

 

浜降祭の穴場情報

式典が終了し帰路に出発する時、一斉に神輿が動き海に入るので8時過ぎがお薦めです。ただし、海の状況により入らない時もあります。暗がりの中で行われる宮だし(神輿を巡幸のために神社の境内から出すこと)も幻想的で一見の価値があります。

 

浜降祭へのアクセス・駐車場

★ ⇒

 

浜降祭主会場へのアクセス

電車・鉄道
JR茅ヶ崎駅南口から徒歩20分
毎年臨時の有料シャトルバスが茅ヶ崎駅から出ているので運行時間を事前に調べておくと良いでしょう。

 


玉川IC・東京ICから約80分程。ただし当日は交通規制があります。

 

駐車場情報

交通規制により会場周辺に駐車場はないので、離れた場所に駐車し電車やシャトルバスを利用するほうが良いでしょう。

 

交通規制情報

午前2時〜午前9時の間交通規制があります。

 

浜降祭周辺の観光情報

・サザン通り商店街
・えぼし岩
・野元湯元・湯快爽快ちがさき

 

浜降祭周辺のご当地名物・おみやげ

・湘南七宝焼き
・茅ヶ崎しらすせんべい
・サザンサブレ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  data-annotation="none"> 


関連ページ

鶴岡八幡宮例大祭(神奈川県鎌倉市)
鶴岡八幡宮例大祭の日程などの詳細情報を紹介しています。
秦野たばこ祭(神奈川県秦野市)
秦野たばこ祭の日程などの詳細情報を紹介しています。
箱根大名行列(神奈川県足柄下郡)
箱根大名行列の日程などの詳細情報を紹介しています。
かなまら祭り(神奈川県川崎市)
かなまら祭りの日程などの詳細情報を紹介しています。
鎌倉まつり(神奈川県鎌倉市)
鎌倉まつりの日程などの詳細情報を紹介しています。
湯河原やっさまつり(神奈川県足柄下郡)
湯河原やっさまつりの日程などの詳細情報を紹介しています。